膝の痛み

膝痛外来

突発的に強い痛み、日常に徐々に出てくる膝痛、立ちしゃがみ時にでる痛み・辛さ、長時間歩くと痛む、階段の上り下り時の痛みなど~

関節にたまる水腫や膝の靭帯の炎症も取り扱っています。痛み・辛さからの解放を行っていきます。

早期改善療法(SKT療法)

どこよりもいち早く痛み、辛さを取り除くことが出来ます。

どこへ行っても良くならない、何年も通っているけど良くならない頑固な症状を佑心式の独自のSKTで取れない辛さや負担を早期に取り去っていきます。

本当によくなりたい方が口コミで東京23区・埼玉県・千葉県・神奈川県・静岡県・九州など、遠方からもこの治療を受けにこられています。

医療マッサージ

医療マッサージとは

身体の辛さ、痛みや不調の増強により、身体の活動の低下を引き起こした状態に行うマッサージです。また、この身体の不調が続く事による精神的活動力の低下の場合にも行います。

不調に至るまでの流れ

身体能力低下 » 筋緊張 » 感覚異常 » 虚血状態 » 血流低下状態 » 神経機能低下 » 関節運動活動低下 » 現在の不調に至る

この悪循環を断ち切るために医療マッサージを行っていきます
悪循環の状態には関連痛領域も含まれる事があり、必要に応じて取り除いていきます。

こんな方におすすめ

  • いつもより身体が辛くなった場合(痛み・辛さが強まる)
  • 全身疲労(衰弱状態は除きます)
  • 身体の柔軟性が悪くなってきた
  • いつもと違った所に負担が出てきた
  • なかなか時間が取れなく来院できない

患部以外に痛みを感じる関連痛

痛みにはどこを触っても痛い、患部とは違う所を触っているのに痛みを感じる「異所性興奮」というものもあります。
本来、触っても痛いはずはないのに、触っただけで痛いというように触感が痛感に変わってしまう状態があります。これを「アロデニア」と呼んでいます。

また、体には圧痛点があります。例えば、慢性的な肩の痛みを伴う人は、肩の圧痛点を押すと、押したところが痛いだけでなく、顎や頭、目の奥や歯茎などにも痛みを感じる事があります。
中には、舌が痛いという舌痛症を訴える方もいますが、口腔外科や歯科でも歯や舌に悪い所は見つかりません。

こういった痛みの場合、肩こりをほぐす事で、症状が改善されるケースもあります。これは、「関連痛」と呼ばれるもので、肩こりが他の痛みを起こし、時にはめまいや耳鳴り、耳がふさがるといった症状にまで発展してしまう事もあります。

私達の肩こりや首の痛みは日常的なものですが、それが解消できないでいると、様々なメカニズムが混ざり、このような現象を引き起こす結果となってしまいす。