腰の痛み

腰痛専門外来

軽度・中度・重度の腰痛、急性期、不安定期、定着期、慢性期、変性変換期、変形筋筋膜性の腰痛、炎症性腰痛、神経性の腰痛、関節可動性阻害による腰痛、内臓性の負担から波及する腰痛、筋力低下が関与する腰痛、腰椎周囲の炎症性腰痛、椎間板変性による腰痛、骨盤・腰椎の支柱不安定性による腰痛、術後による腰椎支持機能低下

~より細かな診察によりその人の支持筋力、筋・靭帯の柔軟性、関節可動域、体軸、S字バランス、血行状態、神経スパズム・伝達の流れ~

を的確に判断して、その方に最適の治療法を見つけ出し、治療計画をきちんと立てて確実に改善度を定期的に専門評価しながら改善目標に近づけていきます。

矯正法

矯正法(プチカイロ)とは?

骨盤・背骨・その他の関節や筋肉の調整で歪みを整えて痛み・しびれを緩和していく治療法です。
佑心整骨院では、カイロベッドを使用して矯正を行いますので、身体に負担なく治療を行う事ができます。

矯正法(プチカイロ)は、身体の中心の要「骨盤」を正常な位置へ矯正していきます。日常の歪んだ姿勢や、座っている体勢、腹筋・背筋力不足により、不安定性が出てきて、肩こり・腰痛等が引き起こっています。
それを緩和させるために、正しい位置へと戻していきます。

佑心整骨院では、骨盤を正常な位置へ安定させるために、日常生活動作の指導・筋力バランス指導も行っております。

骨盤が歪むという事

骨盤とは骨格の土台で、人間が直立歩行するのになくてはならない骨です。スライドしたり開閉するこの骨盤を支えているのが筋肉です。しかし、バランスの悪い使い方をしたり筋肉が衰える事で歪みが発生します。
骨盤が歪むと肩こりや腰痛・頭痛・めまい・O脚・肥満・疲労、さらに悪化すると、血行不良や体内に様々な問題が起こってきます。

生活習慣いつも同じ方に脚を組む、荷物を持つ手がいつも同じ、猫背など日常のクセ、寝るときの姿勢も骨盤の歪みに影響を与えます。
老化年を重ねるにつて、どうしても筋肉は衰えます。それに運動不足が重なればなおさらです。
女性の場合機能上の問題で(出産と骨盤は大きく関係する為)骨盤が柔軟にできています。その上、筋力が男性に比べて弱い事から歪みやすくなっています。
「お尻が垂れている」「足首が太い」「お腹の周りの脂肪」など、スタイルが崩れる原因になっている事もあります。

骨盤矯正のメリット

骨格の歪みを治す根本的治療ですので、回数を重ねる事が大切です。
なぜ回数を重ねる事が必要かと言うと、筋肉が矯正を維持できないからです。筋肉を支配している神経系の働きを正常にするまで、(神経系の間違った記憶を是正して正しい身体のバランスを覚えさせる再トレーニングが)必要となるためです。

  • ぽっこりお腹がすっきり
  • 産後の骨盤の開きを正常に近づける
  • 横腹に脂肪が付きにくい体型に近づける
  • 姿勢が正しくなる

矯正を入れた部分は、その日の夜から翌日にかけてだるくなります。
これは、矯正を入れた事により、今まで圧迫されて鈍くなっていた周りの神経や血管などが開放されるために、一時的に起こる症状です。これが終わると身体の調子がよくなります。

カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

骨の歪み、特に背骨の歪みを手を使って矯正し、神経の働きを良くする治療法です。
人間の体を主にコントロールするのは、脳と神経であるので、その働きが良くなれば、自然に人間は健康になれるとの考えに基づいています。

背骨が歪むと

背骨の役割は身体を支えるだけではありません。背骨と内臓はつながっており、内蔵の働きにも需要な影響を与えています。というのも、内臓の働きは脊髄・神経と連絡している自律神経によって調整されているからです。

人間は本来、生まれながらに備わった治癒能力を持っています。コンピューター、機械が故障したら人間によって修理してもらわなければ治らないが、人間が故障したら自分自身で治そうとする。ここに人間が本当に最高にすばらしいと言えるゆえんがある。この自分自身で治そうとする力を先天的治癒力と呼びます。

薬は治癒期間を短縮させたり、元の原因をふうじ込めさせるだけで、薬が治癒させるのではなく、自分自身がなおすことにあります。

それでは、この治癒力はどのようにしたら、最大に働くかと言うと、それは脳からの神経伝達力が100%の時、その力を最大に発する。脳からの神経伝達力が100%より低下することにより、治癒力も低下し、この時に色々な病気が発生する。これは骨組のならびが悪くなり、脊柱の中を通る神経を圧迫する。これをサブラクセーションと呼んで、これが病気の原因であるとし、この病気の原因を取り除くことが、カイロプラクティックであり、すなわち結果(痛み)を取り除くことと同じである。カイロプラクティック治療は、痛みを取り除くだけでなく、さらに進んで病気の予防をすることに第一の目的があることに帰着します。

テクニック

  • トムソンテクニック
  • ガンステッド・テクニック
  • ディバーシファイドテクニック
  • ターグルリコイルテクニック
  • アクチベーターテクニック
  • SOT療法

医療マッサージ

医療マッサージとは

身体の辛さ、痛みや不調の増強により、身体の活動の低下を引き起こした状態に行うマッサージです。また、この身体の不調が続く事による精神的活動力の低下の場合にも行います。

不調に至るまでの流れ

身体能力低下 » 筋緊張 » 感覚異常 » 虚血状態 » 血流低下状態 » 神経機能低下 » 関節運動活動低下 » 現在の不調に至る

この悪循環を断ち切るために医療マッサージを行っていきます
悪循環の状態には関連痛領域も含まれる事があり、必要に応じて取り除いていきます。

こんな方におすすめ

  • いつもより身体が辛くなった場合(痛み・辛さが強まる)
  • 全身疲労(衰弱状態は除きます)
  • 身体の柔軟性が悪くなってきた
  • いつもと違った所に負担が出てきた
  • なかなか時間が取れなく来院できない

患部以外に痛みを感じる関連痛

痛みにはどこを触っても痛い、患部とは違う所を触っているのに痛みを感じる「異所性興奮」というものもあります。
本来、触っても痛いはずはないのに、触っただけで痛いというように触感が痛感に変わってしまう状態があります。これを「アロデニア」と呼んでいます。

また、体には圧痛点があります。例えば、慢性的な肩の痛みを伴う人は、肩の圧痛点を押すと、押したところが痛いだけでなく、顎や頭、目の奥や歯茎などにも痛みを感じる事があります。
中には、舌が痛いという舌痛症を訴える方もいますが、口腔外科や歯科でも歯や舌に悪い所は見つかりません。

こういった痛みの場合、肩こりをほぐす事で、症状が改善されるケースもあります。これは、「関連痛」と呼ばれるもので、肩こりが他の痛みを起こし、時にはめまいや耳鳴り、耳がふさがるといった症状にまで発展してしまう事もあります。

私達の肩こりや首の痛みは日常的なものですが、それが解消できないでいると、様々なメカニズムが混ざり、このような現象を引き起こす結果となってしまいす。