治療コンセプト

佑心の方針

「病は気から」と言うように、心を健康にして身体の健康にも気を使い、免疫力を高めて病気を寄せ付けない身体を作りましょう。
老若男女問わず一般的に言われている、身体の歪みからくるや腰痛・肩こり・頭痛が低年齢化しています。

早期治療・早期回復・再発防止と予防

その人独自に備わった自然治癒力(元に戻ろうとする根元的な力)を引き出す治療を原則に行っております。そのためには、生活環境の中で不自然な「衣・食・住」による、身体の悪影響を取り除いていく必要があります。日頃の生活を見直し、長い人生を健康でいきいきと過ごせるよう痛みからの開放を目指し治療に当たっています。

1枚1枚皮をはいでいく様に負担を取り、環境に順応できる身体づくりをしていきます。
長年病んでいる身体の状態を緩和し、元気を取り戻して生活を送れるように目的を持って治療しています。痛くなる前、痛くなってからも治癒力をつけて健康な身体へと導いていきます。

病気の原因

21世紀、少子化高齢化社会の中で、老若男女問わず国民1人1人の健康指向が高くなってきています。
また、健康に対する見直しが必要とされて来ています。
しかし、健康化と言いながらもそれを害したり様々な病気に陥っている方々が多く見受けられます。

昔とは違って、現代の医学が発達しながらも何故これだけの身体の辛さや病気を抱えた方々が増えているのか・・・疑問がやみません。

原因は現代社会でのストレスや、生活習慣が乱れてきているからです。医学があまり発達していなかった時代でも、丈夫な体で動けたのは、良い生活習慣を自然と身につけていたからだと思います。

生活習慣から起こる体のトラブル

食生活の乱れや運動不足といった不健康な生活を、今は何ともないからと言って長年過ごしてきた方は、特に生活習慣の見直しが必要です。佑心整骨院にもそんな方が多くいらっしゃいます。
身体が痛くなってから来る、放っておいてどうしょうもなくなってから手当てを求めることは、その分治療にも時間を要するという事です。

腰痛・肩こり・頭痛・歩行困難・肥満等も生活習慣からおこる症状です。

佑心整骨院では、自分では気づかなかった生活習慣の見直しとともに、身体が慣れてしまった悪い条件を治療していきます。

長い間悪い条件に慣れてしまった身体を良い状態に徐々に慣れさせていき、元の健康な状態へと導きます。重ねて治療していく事が大切です。